酸性環境における腫瘍の悪性化にコレステロール代謝制御タンパク質SREBP2が寄与することを発見

固形がんにおいては不完全な血管構築による血流不全から、がんの中心部が低酸素状態に陥りやすく、その結果として酸性状態(アシドーシス)になることが知られています。しかし、酸性状態におけるがん細胞の応答メカニズムや酸性環境によるがん悪性化への影響は、これまで明らかにされていませんでした。大澤毅特任助教(システム生物医学分野)および近藤彩乃博士(先端学際工学専攻)らは、酸性状態のがん組織において、コレステロール代謝のマスターレギュレーターである転写因子SREBP2が活性化され、コレステロール合成経路や酢酸代謝経路における一連の酵素群の発現を促進し、腫瘍増殖および患者予後に関与するなどがんの悪性化に寄与することを明らかにしました。

プレスリリース(PDFファイル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本研究成果は、2017年2月28日12時(米国東部標準時間)に電子ジャーナル「Cell Reports」に掲載されました。
Extracellular Acidic pH Activates the Sterol Regulatory Element-Binding Protein 2 to Promote Tumor Progression
http://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(17)30171-7

なお、本研究は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「後天的ゲノム修飾のメカニズムを活用した創薬基盤技術開発」の研究成果をシーズとし、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)」や科学研究費補助金の支援を得て行われました。

カテゴリー: ニュース | 酸性環境における腫瘍の悪性化にコレステロール代謝制御タンパク質SREBP2が寄与することを発見 はコメントを受け付けていません。

ゲノム医療研究プロジェクトを始動

ゲノムサイエンス研究室では、日本医療研究開発機構(AMED)の「臨床ゲノム情報統合データベース整備事業」の一環として、がんのゲノム医療研究事業を推進します。

【事業の概要】

  • 東京大学分子ライフイノベーション棟内に、品質保証下のシークエンス室を開設し、がんのゲノム解析に基づいた診断の確定、および最適な診療の選択に関する研究
  • がんのターゲット遺伝子パネル解析システムを独自に開発するとともに、その結果得られる遺伝子変異の臨床的意義づけを行うがんゲノム医療用知識データベースの構築
  • がんのゲノム医療に関する研究を東京大学医学部附属病院にて実践するとともに、ゲノム医療が日本全体に普及する際に必要な基盤技術の整備

AMED プレスリリース

カテゴリー: ニュース | ゲノム医療研究プロジェクトを始動 はコメントを受け付けていません。

忘年会 2016

このギャラリーには11枚の写真が含まれています。

その他のギャラリー | 忘年会 2016 はコメントを受け付けていません。

【書籍】一細胞遺伝子解析

書籍紹介のページに「一細胞遺伝子解析」(週間 医学の歩み Vol.258 No.4 2016/7/23)を掲載しました。

カテゴリー: ニュース | 【書籍】一細胞遺伝子解析 はコメントを受け付けていません。

【更新情報】質量分析装置

技術・装置質量分析装置のページを更新しました。

カテゴリー: ニュース | 【更新情報】質量分析装置 はコメントを受け付けていません。